社長略歴

会社概要>社長略歴

>海野 恵一 略歴海野写真

生年月日: 1948年(昭和23年)1月14日生
学歴: 東京大学経済学部経営学科 卒業
海野の考えや近況についてより深く知りたい方は、海野のブログをお読みください。

1972年 アーサーアンダーセン 入社
1973年 米国シカゴ駐在(一年間)
1978年 同社 マネージャー
1985年 アーサーアンダーセンからアンダーセンコンサルティングに社名変更
1985年 同社 名古屋事務所長
1986年 同社 パートナー
1988年 同社 経営戦略サービスグループリーダー
1992年 同社 石油業アジアパシフィックリーダー
1999年 同社 素材・エネルギー本部 統括パートナー
2000年 アンダーセンコンサルティングからアクセンチュアに社名変更
2001年 同社 代表取締役 就任
2002年 同社 代表取締役 退任
2003年 同社 顧問(2005年3月 退任)
2004年 スウィングバイ株式会社 代表取締役社長

主な専門スキル
ヤマハ発動機でトヨタカンバンシステムのシステム化の設計、導入
ソニーで2000名の情報部門のグローバル再構築の設計、実施
日産で本社の業務革新の実施。その後数社にて実施
Chemconnect.com、PaperExchange.com の化学、
製紙業(日本製紙、王子製紙)のドットコムビジネスの日本での立ち上げ
1992年以来、中国におけるビジネス立ち上げ支援サポートの実施
2006年、住友化学を始め、大連へ日本本社の一部移転を誘致。
同年上海にて日本企業の中国人社員のキャリアパスプログラムの設計

ここ数年は日本企業のグローバル化の一歩として本社の業務を中国に移管することによって、日本の仕事の無駄を排除するプログラムを実施している。同時に、経営者に対してはグローバリゼーションを勉強するためにブログにて、講義をしている。

主要なコンサルティング実績
昭和シェル石油、新日本石油、コスモ石油、三菱石油にて業務革新およびIS-OIL(SAP)構築
ダイセルにて業務革新およびCIM構築
三井化学、住友化学にて業務革新およびSAP導入
東レ、帝人にて業務革新
太陽石油にて情報戦略の立案
ソニーにて情報部門の組織再編成
ソニーにて営業本部の情報戦略計画の立案
ソニーにて本社機能の改革
日産にて業務革新
ヤマハにて情報戦略の立案およびシステムの設計、導入
ヤマハにて企業戦略システムの立案、設計、開発
CKDにて物流を含めた情報戦略計画の立案およびシステムの設計、導入
大手OA機器メーカーにてロジスティクスの立案
大手電機メーカーにて本社の業務改革の立案

その他
新速佰管理咨詢(上海)有限公司 董事長

主な社外活動
社団法人日本ペンクラブ 会員
(社)日本JCセネターズクラブ 顧問
日本青年会議所 日中友好の会 特別顧問
環境を考える経済人の会21 事務局
大連市星海友誼賞 受賞

著書紹介