世界の情勢を英語で勉強する会

サービス>世界の情勢を英語で勉強する会

 概要

屏幕快照 2015-06-06 14.39.52「海野塾」は、日本のマスメディアから流される情報を漫然と眺め、従来の思考の枠組みで世界を見ていてもその実相は何も見えてこないのではないかという海野恵一自身の問題意識からスタートしました。

すべて海外から発信される情報をもとに討議、分析しその後の展開を予想するという流れで、いまとりあげるべき世界の政治・経済・外交・軍事問題を学んでいます。

深くものを考え、思考のプロセスを成熟させる機会や場がないのであれば、自ら勉強したいテーマと講師を決め自らのレベルアップをはかる塾を作ろうと考えたのです。

そのため、これまで「海野塾」にご参加いただけなかった方でも参加しやすい、「世界の情勢を英語で勉強する会」を開催しています。毎週「海野塾」で議論しているGlobal Hot Topicの内容を45分に短縮し、英語の討議の後にも日本語で補足の解説を行い、より理解しやすいように再構成します。

 講義の様子

 参加者の声

「海野塾」で学んだことにより、
「1年前にチンプンカンプンだったTEDの英語がしっかり聞こえるようになってきた。海野塾で毎週鍛えられているお陰で、英語力と話の内容の理解力の両方の力が1年で劇的に付いてきたのだと思います。やっていて良かった。」(メーカー勤務男性、30代)

「今回の案件は海外で国際機関のコンサルタントと交渉するというものでした。ここでは世界情勢に関する海野塾のコンテンツは非常に役に立ちました。」(コンサルタント男性、40代)