企業向け研修

サービス>企業向け研修

uchida_01長年蓄積した研修内容や教材から厳選して、パワーアップ・洗練された内容で多様なプログラムを組み合わせています。
講義の中に演習問題を設け、参加者が意見を発表して討議したり、グループ演習を通じて考えさせたりします。
研修の終了後、研修支援システムにより研修の効果を継続できるようなサポートを行っています。

♦企業半日(3時間)研修の例:
講義の流れ:講師講演/議論の視点 55 分⇒全体議論 15分⇒講師講評 10分

「中国の文化と習慣」

中国の文化と習慣 ⇒ 孫子の兵法と三十六計

「三十六計 中国人に騙されるな」

三十六計

中国経済とセキュリティリスク

中国経済の行方 ⇒ 中国市場ので展開モデル

「TPPと中国」

TPPと中国

尖閣諸島に関する日中米

日米同盟 ⇒ 周辺諸国と領土問題

「ホットトピックスと題材としたリーダー研修」

商船三井 ⇒ タイ軍事クーデター ⇒ 理研

 

♦企業1日研修の例:
講義の流れ:講師講演/議論の視点 55 分⇒グループ討議 20分⇒グループ・プレゼンテーション 20分全体議論 15分⇒講師講評 15分

「崩壊寸前の中国-今何を対応するべきか」
資源・エネルギー・環境問題 ⇒ 中国経済の行方 ⇒ 中国の汚職腐敗 ⇒ 中国の格差問題

「中国人に騙されるな。その対策と対応策」
中国の文化と習慣 ⇒ 孫子の兵法(1) ⇒ 孫子の兵法(2) ⇒ 三十六計

「米中の挟間にあって日本企業は如何にビジネスを展開するべきか?」
米国/EU/中東の政治と経済 ⇒ 日米同盟の行方 ⇒ 米国と中国との競争 ⇒ 中国市場における今後の展開モデル

★毎回のグループディスカッションでは、常に最新のグローバルホットトピックスを取り上げます。最新の情報を提供するとともに、外部環境へ適応するには如何に企業戦略を策定するかを指導します。

提案資料:program宣伝チラシ